ホームページリニューアルのご案内

姫路のクリーニング屋が世界遺産姫路城マラソン2019に出場してきたブログ

どうも。 世界遺産姫路城マラソンを初出場してきた姫路市飾磨にあるクリーニング店「ヨネイクリーニング」代表ヨネイです。

はい、初出場の世界遺産姫路城マラソン

地元姫路市民でありながら一度も走ったことが無かったのですが、今年ようやく抽選倍率3.93倍の中、見事に当選し出場できることになりました(パチパチ)!

世界遺産姫路城マラソン2019

前回のブログで少し触れましたがそのマラソンのブログをちょっと書いてみようかと思います。ご興味のある方は少々お付き合いください(私はそんなスピードランナーではないのでマラソン初心者の方にはちょうど良いブログかも知れませんw)。

姫路城マラソンとは…

姫路城マラソンはちょうど4年前の2015年に姫路城の改修工事完成を記念して誕生した大会。昔、姫路城の周りを走れる大会って、「姫路城下町マラソン」だったんですよね(姫路市民ならご存知!今のファンランのような形ですかね、小学校の時は長距離が嫌いやったのでめっちゃ嫌な思い出しかないですw)。

それが、こんな大きい大会になったなんて、ほんと実行委員会の方々のおかげですね。頭が下がる思いです。

2018年の様子

競技種目

競技種目 は 「マラソン」と「ファンラン」の2つに分けられます。

【マラソン】
大手前通りをスタートし、姫路城三の丸広場をフィニッシュとするコース(日本陸上競技連盟公認コース)

【ファンラン】

1km、1.5km、2kmは城南線を、5kmは大手前通りをスタートし、いずれも姫路城三の丸広場をフィニッシュとするコース

今年はフルマラソン 7,000人 ファンラン 4,720人 の方々が走ったようですね。姫路城の周りを走れる機会はそーないのでめっちゃ嬉しかったですわ。

交通・宿泊

姫路城マラソン会場は姫路駅からすぐのところにあるのが魅力的ですよね。駅を降りてほんと15分くらい?歩けばもう会場(笑)。これも姫路城マラソンが人気の理由のひとつなんでしょうね(神戸マラソン結構移動大変やったもんな~汗)。

http://www.himeji-marathon.jp/accessより

駅前は最近、海外の方も多くなってきてホテルも多くなってきています。ただ、多いと言ってもまだまだ足りないくらいのようなので、早めに予約しないといっぱいかも知れませんね。

姫路周辺のホテル/旅館 トリップアドバイザー

前日受付

ランナーは前日受付しないといけません。シティーマラソンならではですね。

(1)日時 : 2019年(平成31年)2月23日(土) 10:00~20:00

(2)場所 : イーグレひめじ(姫路市本町68番地290)

※大会約1ヶ月前に参加案内、ナンバーカード引換証等を送付します。

※ランナー受付を行わないと出走できません。なお、大会当日(2月24日(日))の受付は行いません。

http://www.himeji-marathon.jp/a_marathonより

私もクリーニングの仕事を終えてバスでダッシュして受付へ向かいました(;´∀`)。

受付はイーグレ姫路。JR姫路駅を降りて、メインストリートである「みゆき通り」をひたすら真っすぐに行った最終地点にあります(徒歩約15分ほどかな?)

この日は朝から大手前公園で「世界遺産姫路城マラソン祭」ってのをやってたみたいなんですけど、午後7時には終わってたようです(;^ω^)。結構、静かな会場付近(笑)。

イーグレ到着。

子供たちの書いた絵が飾られてました♬

いや~~~、小学生めっさ絵上手いな~!!!

実はこんな私も小学生の時に、絵画で姫路市長賞「金賞」を取ったことがあるんです!!(エッヘン!それ以降の伸びは無いw)

そんなプチ自慢をしながら受付へ。

受付はイーグレ地下1階にありまして、ボランティアスタッフの方々(学生さんっぽかったな)が、元気よくお出迎えしてくれました。受付も非常にスムーズであっという間にゼッケンなどをもらって終えました。

姫路市内の小学生からのメッセージももらったよ~

出身地ごとのシールなんかも貰えて、私はもちろん「from姫路」。姫路の下の余白が良く分からないので、「ヨネちゃん」と書いて服に貼ってましたけど、後で他の人を見たら、姫路のどの地域かを書く欄やったんですね(お恥ずかしい)。

大会当日

そして大会当日。

姫路市民の特権…   

朝が楽!!!(笑)

篠山や福知山、村岡、神戸マラソンを経験してきてますが、朝がこんな楽な大会は経験したことがない!(当たり前やな)

6時すぎ頃起床して、7時過ぎにはバスに乗りこみ、8時頃に会場へ到着するというなんとも楽な朝!!サイコー&サイコーです。

姫路城前付近に着くとそこはマラソンムード一色。和太鼓の音、笛の音が鳴り響き、姫路ならではの大会ムードで場を盛り上げてました。戦国時代にタイムスリップしたかのようで、なんだかワクワクw。

今までのマラソン大会の中で一番雰囲気が良いな~と感じました(どれがエエとか悪いとかないけどね)。

大手前公園(姫路城前の公園)の大会会場へ着くともうたくさんの人が…。

着替え

女性はイーグレ姫路の建物内での着替え(もちろん暖房完備)。

男性は地下の駐車場での着替え(もちろん暖房は無い)。

何とも今のご時世をしっかり表現した上下関係(笑)。

この演出もさすが姫路ですwww。

地下駐車場での着替えのなかなかのゆったり感

地下ではボランティアの方々の案内でスムースに誘導されました。そして荷物置き場まで行ってそこで着替えもさせてもらいました。その際に、ボランティアのお爺さんと世間話。

「兄ちゃん、頑張ってな!」

「目標はどれくらいや!」

など、とても温かいお言葉を頂き、

ウルトラリラックス…

を歌ってた篠原ともえのようなテンションになりました(どんなや)。

結構広いのでゆったりと着替えたり、ストレッチしたりする事ができましたよ~~。

いよいよ出陣

着替え終わると、もうコースに並ぶ時間に…。トイレを済ませて私の出場するCブロックへと行きました。

城を背に続々と人が並び始めます。


この日のために用意してた弊社オリジナルユニフォームで臨みます(アイラブ姫路Tシャツ)

列に並んでいても、やはり地元なのでウルトラリラックス♬(もういい)。そして、いつも車でしか通れない「ひめじ大手前通り」に立っているだけでもちょっと興奮する地元民(笑)。

紐を結びなおしたりストレッチしたりしてる間に開幕式がスタート。

姫路城マラソン応援軍師でらっしゃる間寛平さんの大きなおたけび「アヘアへアヘア」…ではなく「姫路城マラソン完走するぞ!エイエイオー!!(てな感じでした)」で、気合も十分!さぁ、いざ出陣じゃ!

コース

コースはこんな感じ。

http://www.himeji-marathon.jp/course より

高低差は

高低差もあまり感じないフラットな道ですね。16キロ過ぎあたりからはくだりになっていくこともあって、結構楽な感じがしたとかしないとかw。

スタートから10㎞地点

スタートするととにかく沢山の応援の方が送り出してくれます。

「がんばれー!」

「ファイト!!」

「あとたったの40㎞やで!!」( 正直 この応援はいらないw)」

姫路市民の方々の温かさをとても感じます。

ブラスバンドの応援もとても気合いが入りますね。てか、めちゃくちゃブラスバンドやら太鼓やらの応援が多かったんですけど!汗

これ、ちゃんと見てなかったけど、地元の幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、その他色々な団体の方々が各地で演奏やパフォーマンスをして応援してもらってたんや(;´∀`)。ほんと有難いです。

今回の大会はとても天気も良く、10㎞までも爽快に走れました。人数もフルマラソンには7000人近くのランナーが出場されてましたが、道も広くて狭いなーって印象は無し。神戸マラソンが人地獄だっただけに気持ちよさが目立ちました(わしは人多いのはダメなのです)。

6㎞の書写付近から夢前川沿いに入ります。左手には夢前川の清流が流れ、右手には菜の花畑が見えました。菜の花の匂いも気持ちをリラっクスさせてくれます。

しばらく進むと姫路名物「かかし」達による応援が…。何人か疲れて倒れてらっっしゃいましたけどw。

11~20km

姫路城マラソンの折り返しって、21kmじゃないんですよ。16,7㎞あたりなんです(笑)。これは正直ちょっと辛いかも(;´∀`)。半分来た~!イメージがちょっと崩れるから…。でもその折り返し付近の気球がとてもなんだかとてもええ気分。応援の皆様も温かい(^▽^)。

折り返してちょっと過ぎた時、バッグの水を飲もうとしていたら「ヨネちゃん!」との掛け声が…。

この付近に本社を構える同業者さんである方が声をかけてくださいました。
思わず興奮して手を振る私。

しかし、ペットボトルを落として拾いに行く羽目に(笑)。

この後、20㎞付近までにペットボトルを3回落とすという後ろを走っているランナーさんにとってはた迷惑なやつであったことは間違いありません!(失礼いたしました汗)。

21~28km

なにせ、この書写を越えると姫路の地区でも北側で山も多いため、ちょっと気温が下がるんです。今年はとても天気が良くて、日中はちょっと暑いくらいやったので、山影を走るのがほんと涼しくて気持ちよかった!26㎞あたりの書写を過ぎるまでは、暑さをしのげるところがあってほんと助かりました。

途中のエイドでは「おしるこ」や「甘酒」があったり「うどん」なんかもありましたよ~。

つらい夢前川沿い後半28㎞~

28㎞あたりでしょうか。ひたすら夢前川沿いが続きます。ここは特に変わった風景もなく、ひたすら走ります。特に日陰も無いので暑くなってきた天候にちょっと頭がぼ~~~~っとしてきました。

ちょうど、高校時代の友人の家付近を通った時は、今回の折り返し地点である「塩田温泉」のはるか北にある「木戸ダム」まで、 高校時代、 チャリンコでサッカー部のみんなと競争して行ったよな~なんて思い出してました(笑)。

30㎞あたりから夢前川のサイクリングロードに入り道が結構狭くなります。この大会を走るまでは「あんな狭い道大丈夫かいな~~」っと思ってましたが、この地点付近になると皆さん結構同じぐらいのペースで必死こいて走っていますので、追い抜いたり、抜かされたりもそこまで過激ではなくw、道も狭い印象は無かった。

というより、32㎞あたり小川橋の折り返した時から 急にガクッと ペースが落ちてしまいました。それより何より頭がボー――っとしてきたり吐き気してきたり、もう走っている処ではない感じ。これぞフルマラソンならではの30㎞からの異次元現象(笑)。歩いている人も少しずつ多くなってきて…

気持ち折れてはいけない…と思いながら…

てことでダウン(歩く)…。

歩いては走って。走っては歩いて。

でもかなり気持ち悪い…。ちょっと吐きたい気分だったけど、狭い道の周りには応援の皆様がいっぱい!さすがにそこでキラキラはカッコ悪いでしょ(笑)。

なので、なんとか歩きながら切り抜けてようやく35㎞地点へ。あともう少し…。

勇気づけられたおばちゃんの一言 35㎞~

なんか、最近この30㎞過ぎた頃がいつもこの調子の悪さ。なんだかな~~~って感じで苦しそうに走ったり歩いたりしていると、とあるおばちゃんがかけてくれた一言が何か最近の中で一番嬉しかった。

「頑張って! もっと笑って! 笑顔で!」

そうだ!なんのために私は走っていたんだろう。記録のため?自分にまけないため?違う、、、。マラソンを楽しむためやったやん!

いつの間にやらそんな大したことないのに変に時間との闘いや歩いてはダメって戦いをしていたかもしれない。おばちゃんの一言でそれを思い出した。そう、初出場した篠山マラソンの時のことを…。

なので残り5㎞はとにかく楽しもうと。

気持ち悪さも、足の傷みも、何もかも楽しもう…。

それからは「シンドイ!」「つらい!」って言葉を我慢せず吐き出して、足にエアサロやコールドスプレーを子供たちにかけてもらって「気持ちいい~!」って言ったり。沿道の方々とタッチをして走ったり、とにかく楽しんで走っていたらいつの間にやら気持ち悪さもどっか飛んで行ってました。

姫路市街地に戻ってからは沿道からは沢山の方々の応援。そして小学時代の同級生が声をかけてくれたり、知り合いの方にもお会い出来たり、姫路城まであっという間でした。

姫路城前では高橋尚子さんが待機してランナーの方々とタッチしてくれてました。

私も嬉しそうに高橋さんにタッチしてもらい、、、

ついに姫路城三の丸広場に突入!

やったーやったー

やったーよ~~

ふ~~~~ふふん!

「はじめてのチュウ」の音楽が、頭の中を駆け巡りました。

姫路城マラソンも何とか走り切り、、、、

ついに、ゴール!!!!!!!!!!!!!!!!!

写真だけみると、すごい記録を達成した人間のように見えますが、記録は相変わらず(笑)。

でも結果、とっても楽しい大会となりました(^▽^)。

まとめ

マラソン経験者の中で噂の「記録の出やすい大会」というのは良く分かりました。アップダウンの少ないコースで、沿道の応援もとても力になります。のどかな姫路の街を走れるのも気持ちよかったし、運営もとてもしっかりされてる。こんなに良い大会だったとは思いもしませんでした(姫路市民ながらお恥ずかしい)。

正直また、姫路出たいという気持ちでいっぱい!(来年もエントリーするぞ!)篠山もまた出たいけどね。

今度は最初からもっとテンションアゲアゲで楽しんで行きたいと思います(アゲアゲという言葉がもう古い…)。

てことで…。

打ち上げ

姫路城マラソン終わりの「喃風」はやはり最高でした(^▽^)/

ランナーの皆様、運営、ボランティアの皆様、応援の皆様、

ほんとお疲れ様でした~~♬

来年また出れたらブログにしますね~(^▽^)/