2019年GWは4/29~5/3まで営業しております(5/4.5.6は休業)

カナダグース (CANADA GOOSE) の本物・偽物の見分け方

どうも。クリーニング業にとっては一番忙しい時期である「春」の足音が近づいてきているので、筋トレで身体を鍛え、ランニングで体力を鍛え、瞑想でメンタルを鍛え、準備万端な状態を整えようと試みている姫路のクリーニング店「ヨネイクリーニング」のヨネイです(前置きが長いわ)。

先日、夜にテレビをボ~~~~~~~~~~っと見ていたら(ぼーっとしてるんかい!)、ニュースでこんなことを放送していました。

ニセカナダグースに注意!”激安”で販売-業者名公表

思いっきり自宅のテレビですみませんw(ニンテンドースイッチが少し邪魔ですね)。ニュースゼロやったかな。そんなニュース内容でした。

調べてみるとヤフーでもニュースになってましたね。

「カナダグース」偽物注意=返金応じず、業者名公表-消費者庁

ダウンジャケットで知られるカナダの高級衣料品「カナダグース」の正規品を安売りしていると装い、実際には偽物を販売したとして、消費者庁は22日、消費者安全法に基づき「CGJP(現在は益天合同会社に変更)」の業者名を公表し、注意喚起した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000079-jij-sociより

たしかに今ダウンジャケットと言えば、カナダグースが全盛期ですね。芸能人とかアナウンサーとか、外ロケの人がカナダグースを着ているのをよく見かけます。

CGJPって業者なんだね。注意しましょう!

でもその業者だけでなく偽物を販売してる業者も沢山いると思われます。ではそのカナダグースをどうやって本物・偽物を見分けるのでしょう???

以下一部内容は「カナダグース日本公式ページ」より参考・引用させて頂きました。

①ロゴワッペンの刺繍が粗い

偽造品の場合、よく見るとアークティック ディスク(ロゴのワッペン)の刺しゅうが粗い、縫い目の色が異なる、カエデの葉の形が異なるなどの違いがあります。「Canada」や「Arctic」の文字が間違っていることもあります。

た、、、確かに雑い(笑)。

②ファーの違い

本物のカナダグースのファーは、見るからに厚みがあり高級感があります。機能性が高く、最高の保温性で顔を凍傷から守ります。一方、偽造品のファーは毛が不揃いで整っておらず、汚れていることもあります。また、コヨーテのファーは、アライグマなどの一般的に代用されるファーと比べてはるかに柔らかいのが特徴です。フードの縫製の質も確認してください。

うむ~~~~、これは判断が難しいかも知れませんね。

③ホログラム

2017年より新しいホログラムが採用され、本物であることの証明としてカナダグースすべての商品についております。カナダグースのためだけに作られたホログラムはポーラベアが描かれており、角度を変えても見えるのが特徴です。
ポーラベアのイメージはカナダグースの重要なシンボルです。2007年より我々はポーラベア保全のための重要な研究している Polar Bears Internationalを支援してきました。

クリーニングでもこのホログラムは良く見かけます。これはちょっと基準になるかも。でもこれもまた偽造してくるんやろ~~~な~。

④製品の軽さ

これはテレビで放送していた内容ですが、ダウンや製品自体が本物より軽いようです。ようするに…ちゃちい!(「ちゃちい」って関西弁?)。本物はダウンに関してもヴォリューム感あるし、素材感も違いますよね。

画像を見ると確かにニセもんは…しょぼい(;´Д`)。ダウンもなんかペッタンコやん!でも、これネット通販やったら絶対分からないですもんね。注意しようがないよな~。

⑤これは私の見解ですが…

最後、、、これは私の見解なんですが…

安すぎるモノは偽物!!!(笑)

やっぱりええもんは高い!

美味いもんは美味い!(つるべか!)

高品質な商品作りをするにはそれなりのコストがかかってきます。そしてこだわればこだわるほど値段は高くなります。クリーニングも一緒ですわ。

とにかく心配であれば正規ルートでご購入されることをおススメします。

以上。姫路のクリーニング屋のつぶやきでした(笑)。

あっ、

ちなみに、カナダグースもクリーニングしてますので良かったらどうぞ(笑)。